faq
ミュージックバンカー所属オーディション後のFAQ

エントリーに関して | オーディション当日について | オーディション後の流れについて


所属オーディション後の流れについて

Q: 合格後はどうなりますか?

所属契約をし、二人三脚でデビュー(再デビュー)を目指します。
ただし、芸能の道は決まったルートが用意されているわけではありません。あなたの能力、方向性、世のトレンド、状況などにより、進め方や向き合い方は様々。直ちにプロジェクトが動き出すこともあれば、時間をかけて模索しなければならないこともあります。

いずれにせよ、最適な方針を一緒に考えていきましょう。 なお、場合によって所属という形を取らない方が、お互いにとって有利に働く事例もあるかもしれません。

 

Q: 通過(合格)通知はいつきますか?また2次、3次審査はありますか?

基本的には、次のステップに進んでいけるかはその場で判断します。所属オーディションとして、その次のステップがどういう内容になっていくかは、個々に応じて千差万別です。即日デビューの準備に入ることもありますが、課題を渡すこともあります。

ただし、2次審査や3次審査という縦割りのレールは敷かないことにしています。初めのコンタクトで糸口が見えた方とは、再面会という形でもう一度個別にお会いして進路を一緒にディスカッションしていきます。

 

Q: 合格後のレッスン費はかかりますか?

ミュージックバンカーでは「オーディション合格」=「レッスン」という考え方ではありません。むしろ合格するということは所属するということですので、必要に応じてかかるレッスン費などは事務所が持つこともあります。

しかしここで、考えていただきたい。 「もし不合格になった場合、あなたはどう考えるのか?」
そのポイントこそが、むしろ大半の志望者にとって重要なことかもしれません。冷静に考えれば、「合格たる水準に達さないから」、レッスンが必要なのではないのでしょうか?
不合格の理由がスキル不足などであり、課題が判っているのに、「自らレッスン求める」などの行動を起こせないようでは、そもそも歌手声優/ナレーターとして不適合ということになります。


【1】合格できる(所属できる)根拠を、自信を持って示せるか?
【2】または不合格になった際には、その理由に真っ向から向き合い、解決していきながら弊社を目指す意志があるか?


どちらかに該当しない場合、オーディション参加はご遠慮ください。
「自分は実力が足りない、でも勉強もする気もない(お金がない、時間がない、家庭の事情で・・などあらゆる理由含む)」というスタンスを前提としている方は、実技審査の前にお帰り頂くこともあります。

 

Q: 他の事務所も受けてみたいのですが・・・

厳しいようですが、二心がある方を受け入れることはできません。所属審査は、ミュージックバンカーの所属を志されてる方のために用意する環境です。オーディション参加の前提確認にも、「各社所属オーディション巡りの一環の方はご遠慮ください」と明記されています。

未知の会社の門を叩くのですから皆様が不安いっぱいでエントリーされることは十分承知していますが、ミュージックバンカーはあなたに合うプロダクションなのか?をよくご確認いただければ、およその理解はつくはず。
もし他事務所にも興味がある、とのことでしたら、まずそちらに挑戦してください。