radio-recruitment-main

yousei

1、ラジオパーソナリティーを目指したい。
2、まずは宅録でポッドキャストに挑戦してみた。
3、でも、あれ?その先、どうしたらFMラジオを担当できるのか分からない! ・・・こんな方への提案です。

【ラジオパーソナリティーの募集】 育成をテーマにしたラジオDJの発掘

現在稼働中のFMラジオ番組放送枠

【放送局】 【時間帯】 【番組枠】
★ 調布FM 「毎週火曜19:00~20:00」 Music Bunker ★ Σ(シグマ)
83.8MHz 「毎週木曜20:00~21:00」 Music Bunker ★ Ζ(ゼータ)
  「毎週木曜24:00~25:00」 Music Bunker ★ Ω(オメガ)
  「毎週金曜25:00~26:00」 コトノハラジオ、TE-RUのWhite Voice West
  「毎週土曜24:00~25:00」 Music Bunker ★ Α(アルファ)
★ かわさきFM 「毎週水曜22:00~23:00」 Music Bunker ★ Β(ベータ)
79.1MHz 「毎週木曜22:00~23:00」 Music Bunker ★ Θ(シータ)
  「毎週金曜22:00~23:00」 Music Bunker ★ Δ(デルタ)
★ FM西東京 「毎週金曜21:00~22:00」 Music Bunker ★ Γ(ガンマ)
84.2MHz 「毎週金曜23:00~24:00」 Future×Link Radio
  「毎週日曜20:00~21:00」 Future×Link Radio ACCESS、

icon 一枠を前半と後半とに30分ずつ別けており、現在、実質22本の番組を制作しています。
icon サイマル放送対応ですので、可聴区域外であってもPCやスマホから、リアルタイムで全国視聴できます。
icon FMラジオなので、JASRACに登録されている洋邦のメジャー楽曲を自由に選曲、オンエアできます。
icon この枠を使って、自ら企画をし、自らパーソナリティーを務める毎週レギュラーの番組を創る。 想像したら、ワクワクしませんか?

募集要項

【はじめに】

photo01弊社番組放送枠は、元々弊社マネジメントのアーティストや声優の価値向上目的のために用意している枠でしたが、現在はラジオパーソナリティー自体のマネジメントの可能性も模索しています。
さて、ラジオパーソナリティーを育てる、と言ってもどうしたものか? 
弊社としては、パーソナリティー育成に実効的なアプローチを重視。 早々にFMラジオの番組環境を提供することで「場所」を創ることにしました。 ただ、東京FMやJ-WAVEなどの広域放送でイキナリのデビューは敷居が高く現実的ではない。 であれば、まずは身の丈に合ったコミュニティーFMで経験値を積むのがセオリーでしょう。

 

【企画テーマ】

■ そんな背景の中、新人ラジオパーソナリティーを募集しています。
■ 弊社制作番組のいずれかの枠で、まずは1年間(またはそれ以上の期間)、番組を担当します。
■ 企画が立ち上がったら、準備やミーティング、テスト録音などを通じて、ある程度指導します。
■ 自ら企画構成するラジオ番組を進めていく中で、経験を積んでいきます。
■ 今回弊社のスタンスは「番組作りを通じてマネジメントできる人材を発掘育成する」がテーマです。

* お仕事の依頼、といった趣旨ではございませんので、あらかじめご理解ください。

 

【ビジョン・目的】

例えば、まずは1年目で慣れ、2年目で番組と皆さんの知名度を上げる。将来的には担当パーソナリティーと番組のバリューを築き、実績を広域放送(メジャー)に売り込む想定をしています。 その時はじめて、お互いマネジメント関係を検討し、ビジネスに変えていくことをビジョンとします。

 

【参加条件】

■ 企画力/アイディアのあり、自ら構成/台本を作れる方
■ リーダーシップが取れる方 (まずは複数人でパーソナリティーチームを組んでいただき、運用するケースが多いです)
■ 1年(4クール)以上続けられる方 
■ 現在ラジオパーソナリティーを務めていない方
■ 月2回、東京か大阪かのスタジオまで収録に来れる方(原則、1回収録につき、2週分まとめ取り)

 

その他、いくつか条件などがあります

実際に番組を稼働させるために、スポンサーをどう得るか、誰とメンバーシップを図るのか、タイミングなど、相談/調整事項があります。

この先あるかどうか分からないチャンスをあと10年待つのか? 今すぐキャリアを創るのか?

第一歩をどう踏み出せばいいか分からず行動できない・・・ でもパーソナリティー目指す熱意だけは絶対負けない! 今からパーソナリティーを目指す方、ステップアップの一段目として、取り組んでみませんか?