認証ライバーの収入

認証ライバーの収入について教えて

ライバー収入の目安を解説

ユーチューバーが職業として認知されるようになって久しい昨今。吉本興業のトップ芸人たちをはるかに上回る収入がある、なんていうニュースにも驚かなくなってきましたね。

自らの発信に価値が証明できれば、それだけで仕事として成立する時代になりました。
そして、次のフィールドはライブ配信だと言われています。

では認証ライバーとして人気になれば、ライバーの収入はどの程度見込めるのか?

ここでは、国内のライブ配信サービス(アプリ)において約70%の市場を占めているといわれる「17 LIVE」を、プラットフォームの前提として解説していきたいと思います。

認証ライバーの月収ってどのくらい?

トップライバーと言われるランクの認証ライバー月収は、200万~500万円くらいです。

驚く公式認証ライバー

年収じゃありません!月収ですよ!

年々その水準は上がってきており、最近では月収で800万円プレイヤーも誕生してきています。年収換算すると約1億円。会社の社長さんでも、なかなか手に届かないレベルですよね。

ユーチューバー界のトップ、ヒカキンさんの年収は推定6億円(2018年、動画広告からの収入分のみ)。YouTubeと単純比較はできないものの、ベンチマークとして考えると、ライバー業界はまだまだ伸びしろがあるフィールドであるとも言えます。

まずは目指したいミドルライバー

「月収800万円なんて想像できない?」
まあトップライバーを目指さなくても、その下の層にはリーチしたいですよね。いわゆるミドルライバー
その平均月収は、だいたい30万円~100万円の層と言われています。

それでも凄いですよね。現実的には、働けど働けど月20~30万円収入で、ギリギリ生計を立てている人も多いはず。
では、まず今の自分の収入と同じ額をライバー報酬で稼ぐことを短期目標にしましょう。

ライバーで月30万円は稼ぐ

真剣に取り組むのなら、その程度の目標であれば決して難しくはない。弊社所属ライバーの事例からみても、実際に現実的な水準です。
人によっては、本業を辞めてでも打ち込む価値がある、とも思えるそうです。

あとはやるか、やらないか、それだけ。

ライバーの収入とは

認証ライバー報酬の受け取り方

17Live(イチナナ)から直接振込

ライバーの成績は毎月1日から末日まで集計され、報酬に換算されます。
報酬は2か月後を目安に、17Liveから認証ライバーに直接振り込まれます
つまり事務所は中間マネジメント手数料を抜かない、ということです。

ちなみに一般ライバーの場合、自分で換金処理しなければなりません。

収入の内訳(認証ライバーの場合)

1,成果報酬

オーディエンスからの電子ギフト(投げ銭)をはじめ、ベイビーコインという月間獲得ポイントを元に換算された成果報酬です。目安としては、月間獲得ベイビーコインの1割前後が、成果報酬分としての手取りだと認識しておけばOK。100万ベイビーコインで、10万円のライバー報酬。

2,ボーナス

成果報酬に応じてプラスされる現金報酬です。獲得ベイビーコイン数によって、10段階のボーナス水準があります。例えば、まず目指したい100万ベイビーコインを達成すれば、+3万円。トップライバーと言える1000万ベイビーコインであれば、+13万円。一番上の段階では35万円のボーナスが加算されます。

3,キャンペーン

不定期に開催されるキャンペーンにエントリーすることにより、プラスアルファのボーナスが計上されます。例えば、一定条件に該当する認証ライバーが、オンライン講習会に出席した上で配信総時間の目標達成をした場合、など。

4,事務所からの特別手当

17Liveからの直接報酬以外にも、事務所が独自に設定したルールに基づくクリア報酬がある場合があります。例えば弊社ミュージックバンカーであれば、スタートアップ・ボーナスとして10万円の特別ボーナスを追加報酬として計上したり。

なお、一般ライバーの場合、上記2~4は対象外です。また1の成果報酬に関しても、およそ1/3の目安と考えておきましょう。